会社を辞めて起業する不安、勇気をくれた恩人の一言とは

メンバー紹介

事業革新を志すメンバーの募集や紹介をする「共創メンバー」コーナー。まずは、事業革新メンバーの紹介から、事業革新 代表・執行役員大高卓也のインタビューを前後半でお届けします。前半は、起業の背景となる仕事観、人生観、それを変えた恩人の存在について聞きました。周囲の冷ややかな反応にかかわらず、会社を辞め起業した経緯とは―?
聞き手/構成:MEDIA「事業革新」 編集長 小林麻理

「起業なんて無理」と言われた会社員時代

―システム開発会社 、Web制作会社勤務を経て、2015年に起業しています。そのきっかけはどんなものだったのでしょうか?

実は、就職前から 「起業しよう」とは考えていました。ただ「起業するにしてもまずは社会にでて修行を積みなさい」という親のアドバイスもあって、まずは高校・大学で学んだ情報処理の専門性を活かして就職したということです。

―ご両親から「起業」自体の反対はなかったのですか?

実家も外構工事業を営む自営業なので、起業して自営業者になること自体に対する反対はあまりなかったです。むしろ会社の同僚から「起業なんて無理だよ」といったようなことを言われることが多かったですね。

もちろん、自分自身も「会社員を辞める」ということに対して不安がなかったわけでもありません。そうした状況で、起業に踏み切れたのは大学時代のアルバイト先の経営をしていた現・株式会社バルーン社長・山口毅さん存在が大きかったです。山口さんは、自分の仕事観や人生観にすごく影響を与えた方です。

お客様の目的や利益は?手段はそこから考える

―「仕事観」で受けた影響とはどんなものだったのですか?

実家が営んでいる外構工事業 は職人の世界。だから「仕事では、手に職を付け、その技術を極めなければいけない」といったものが、知らないうちに自分の「固定観念」となっていた節がありました

専攻で情報処理を選んだのも、技術こそが大事、という潜在意識からです。でも、山口さんは違いました。もっとも大切なのは「お客さまの目的や利益が何であり、どう感じるか」であって、手段はそのつど選べばいいし、その手段(に必要な技術)を自分自身が提供するのが難しいと感じるものは、人に頼めばいいという考え方の人でした。

それは、自分にとってはすごく新鮮な驚きで、「仕事とはこうあるべき」という自分の「固定観念」を覆されたような気がしたんです。いまもこのときに学んだ「お客さまの利益や目的」を叶えるために手段は柔軟に選ぶという考え方は、もっとも意識していることです。

―具体的にはどんなことでしょうか?

たとえば、Webマーケティングに関して当社に相談されるお客様は、Webを通じて収益を上げたいから、他社でSEO対策や広告運用を頼んだり、自分たちなりにやってみたけど、うまくいかず困っているという方が多いです。

そうした際、だいたいのお客様は、SEO対策や広告運用といった「施策」に目がいっています。そのため、自分はお客様のビジネスモデルはどんなもので、どんな方に商品やサービスを売りたいのかといったところからお聞きしています。

―たしかに「どうしたら(手段)」に一生懸命になっているうちに「なんのため(目的)」が遠くなってしまう、というのはよくあることかもしれません。

そうです。そのため、自分は「そもそも」という言葉をよく使います。たとえば以前、一般のものより値段が少し高めのオーガニックやグルテンフリーのペットフードを扱っているけど、販売がなかなかうまくいかない、と相談に来られたお店がありました。

当時、そのお店がとった対策は、300円程度で買える少量の、いわばお試し商品をまずは売るということでした。それで、1度はお客が商品を購入してくれるけどもなかなか根付かないので困っているということでした。

そこで「そもそも」どういう方がグルテンフリーのペットフードを購入しているかを調査したら。アレルギーを持っているペットの飼い主さんが圧倒的に多かったんですね。
そこで、「300円で買える小分けの健康ペットフード」ではなく、アレルギー対策にも適したグルテンフリーペットフードとして、通常の容量(1.5㎏程度)の商品をメインで打ち出すようにした結果、このメイン商材が継続的に売れるようになりました。

―第三者が入り、検討しすぎて見えなくなってしまった方向性を見つめなおすことで「目的」を達成できた好例ですね。

人生を自由に、ビジネスでは臨機応変に

―さて、大高さんは、山口さんに「仕事観」にとどまらず「人生観」でも影響を受けたということですが、どんなところでしょうか?

自分は、人生に関しても、仕事と同様「こうあるべき」と自分で決めつけていたところがありました。だから、就職活動という時期になって、起業はしたいけど「自分は考えるあるべき人生」に向けてどうしたらいいかわからず悩んでいたのです。

そこで山口さんに相談したところ「(大高君が)楽しければいいんじゃないか。せっかく勉強した情報処理を活かして就職してもいい。それで、合わなければ辞めればいいし、合えば続ければいい」と言われたんです。そのとき「もっと自由でいいんだ」と、肩の力がふっと抜けたのを感じました。

それで、まずはシステム開発会社 に就職しようと踏ん切りがついたのです。結局、会社員は合わなかったので、もとから考えていた起業に至ります。

社名を考えていた際、目にはいった道端に咲く「猫のしっぽ 」に似ていた花のことを調べてみたら「CATTAIL」という名前で、花言葉は、「自由気まま」。
人生を自由に、そしてビジネスにおいては「枠」にとらわれず、臨機応変に動こうと考えていた自分にぴったりだと思い、会社名にしました。

―まさに山口さんは、大高さんにとって「恩人」でありメンターですね。仕事や人生において、そうした方が存在するというのは本当にかけがいのないことだと思います。後半は、私と大高さんの縁を得る場となったコワーキングスペース運営事業についての話を聞いていきます。

PR